結婚記念日のお祝いの贈り物のマナーをご紹介いたします。

結婚記念日には、贈り物やギフトで
感謝の気持ちを伝えましょう。

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

結婚記念日の贈り物

ご結婚記念日の発祥はイギリスと言われており、元々日本には結婚記念日という考えはありませんでした。明治27年、明治天皇が結婚25周年を祝って2銭と5銭の記念切手を発行したりして、銀婚式をお祝いしました。これがきっかけで日本中に広まったと言われています。そのためか、25周年の銀婚式、50周年の金婚式は定着していますよね。若い時には夫婦がお互いの気持ちを確認できる日としてプライベートなお祝いをされる方が多いですが、年をとってからは、周りの方に感謝する日という意味が強くなってきます。特に、銀婚式を超えると感慨もひとしおですから、ぜひ特別な日としてお祝いしましょう。記念写真を撮ったりするのもおすすめです。

結婚記念日の種類と祝い方

年代にちなんだ贈り物の意味

それぞれの年代別に、名称に合ったものをお互いに贈る習慣があります。紙婚式なら手帳やアルバムを。綿婚式なら上質なリネン類やシャツを。革婚式なら財布や名刺入れを。といった具合です。だんだん堅く高価なものになっていくことで、絆の強さ、夫婦関係の尊さを表す素敵な習慣なんですよ。

お互いに贈る場合、その他の贈り物

特に名称にちなんだ品物にこだわる必要もないですが、(アルミ婚式やレース婚式あたりで悩みそうですね)最初から高価な物を贈り合うのも大変ですし、貴金属や宝石あたりまで行くと、ほとんど女性用アイテムになってしまうと思います。男女ともに、花や身近で毎日使えるような日用品を贈り合うのもよいでしょう。

何より大切なのはメッセージ

直接会って渡す場合でも、手紙やカードを添えると形に残りますし、感激もひとしおです。ご夫婦の間なら「いつも感謝しています。この先もずっと一緒に」「年を重ねてますます素敵になったあなたへ」「出会った時の気持ちのままです」等。銀婚式、金婚式を迎える方になら、「お二人がいてくれるから大人になれました」「いつまでも仲良く」など。メッセージは必ず添えましょう。

銀婚式、金婚式で周りの方からの贈り物

両親や祖父母など、周りの方の銀婚式、金婚式をお祝いする場合には、贈答品を贈ります。現金でもかまいませんが、できればそれは最後の手段にしましょう。記念日の意味からすると、銀製品や金製品となりますが、あまり使われない高級品よりも、毎日使えるものや健康グッズなどを贈る方が増えているのが最近の風潮です。

銀婚式、金婚式のポイント

価値のある金品というよりも記念となるものが喜ばれます。花や絵、名入れギフトなどはおすすめです。お祝いの場では、記念写真を忘れずに。後々まで思い出が残り、家族みんなが揃っている写真は、一番嬉しいものかもしれません。後日、皆の集合写真を綺麗に額装して送ってさしあげるのも、大変気が利いています。

まとめ

結婚記念日は、名称にちなんだもの、毎日使える日用品、名入れグッズなどの記念となる品を。手紙を添えます。特に銀婚式、金婚式では集合写真を撮るなど思い出づくりを。