出産のお祝いに喜ばれる贈り物や贈るタイミングなどを知っておきましょう。

出産祝いの贈り物は相手の方を気遣ったギフトで
マナーやタイミングを守って贈りましょう

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

出産のお祝い

親族やご友人、同僚など、身近に赤ちゃんが生まれることほど嬉しいことはありません。お祝い事のある時は、人間関係を良好にする良い機会でもありますから、きちんとお祝いと真心を伝えたいものです。出産祝いには、現金や商品券などのご祝儀を贈る場合と、育児用品などの物を贈る場合があります。ご自身に子どもがなく赤ちゃんグッズの検討がつかない、相手の趣味がわからない、会社の同僚から連名なので関係が浅い…というような場合には、物よりもご祝儀が無難かもしれません。でも、ちょっと味気ない気もしますね。最近の出産祝いは、長い妊娠生活と、出産に耐えたお母さんを労うという意味もあるので、お母さんの好みを熟知した贈り物をすると、喜ばれることが多いようです。

出産祝いのマナーについて

出産祝いで気をつけるべき点は、渡す時期と金額です。まず時期。産後一週間から一ヶ月以内に贈るのがマナーと言われています。産後すぐに病室に駆けつけるのも遠慮します。病室への訪問は、ごく近い親族のみ。親友といえど慎みましょう。金額は高すぎても安すぎても、相手の方を悩ませてしまいます。常識的な相場の範囲で贈りましょう。

出産祝いの相場とご祝儀

兄弟姉妹なら1~3万円、両親なら5~10万円、親戚や従兄弟なら3千円~1万円、同僚や知人なら3千円~5千円が相場と言われています。ただし、物か現金かで違ってきますので、この限りではありません。関係性から目安にして下さい。

関係によっては高額すぎないように

沢山のお祝いはありがたいものですが、浅い関係で高額すぎるお祝いは遠慮しましょう。出産祝いには内祝いというお返しがつきものなので、お返しの額や物で先方も悩まれることとなり、かえって迷惑をかけてしまいます。

出産祝いの相場とご祝儀に関して出産のお祝いメッセージ集

出産祝いのタイミングに関して

産前に贈るのは絶対にいけません

リスクが低くなったとは言え、出産は命がけです。万が一の不幸があってはいけないので、お祝いは必ず出産報告を受けてから。母体の様子を気遣って、赤ちゃんともに無事であることをうかがってから、渡すようにしましょう。

産後一週間も遠慮します

産後七日目は、お七夜といって命名披露の宴をする慣しがありました。昔は新生児の死亡率が高かったため、無事の七日を祝うという意味もありました。このお七夜が過ぎてからお祝いを贈るのが正式とされています。

一ヶ月以内に贈りましょう

生後一ヶ月の頃、神社に赤ちゃんの出産報告するのがお宮参り。出産祝いは、およそこの時期までに贈ります。多くの場合、お宮参りの前後に内祝いをしますので、相手の手間を考えて一度に終わらせられるようにしましょう。

人気のおむつケーキ 5,000円前後の商品

人気のおむつケーキ 10,000円前後の商品

出産祝いで喜ばれるギフト一覧