出産祝いやご祝儀に関して知っておきたいことを纏めました。

出産祝いのご祝儀の相場は、関係によって様々
マナーや相場を分かりやすくご案内します

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

出産祝いの相場とご祝儀に関して

商品券や現金などのご祝儀にするか、記念となるような品物にするか、悩まれると思いますが、出産祝いの場合、品物を贈ることの方が多い印象です。すぐに使ってもらえる赤ちゃん用品は、見た目も可愛いですし、選ぶ楽しみがありますね。目上の親族や、職場からの連名の場合は、ご祝儀も喜ばれます。内祝いの費用をそこから出すことができますし、趣味に左右されないメリットがあります。いずれにしても、熨斗やカードをつけて贈ります。 本来は訪問してお渡しします。その際は、母体の静養をを最優先にするため手短かにし、風邪をひいているなど自分の体調の悪い時には遠慮します。その旨をお伝えして、別の機会を設けていただけるようお願いすると良いでしょう。

知っておきたい豆知識

渡し方

直接訪問してお祝いを渡せない場合、品物だけを贈ることもできます。里帰り出産の場合、産後一か月程度は実家に滞在することが多いので、ご実家に送るというシーンもあるでしょう。品物を送る場合は熨斗をかけてカード等を添えます。ご祝儀を現金で送る場合は現金書留袋に入れ、挨拶状を添えて郵送します。商品券の場合は一般書留で郵送します。

手紙の添え方

お祝いの手紙には、通常はこちらの近況などをダラダラと書いたりはしません。時候の挨拶、お祝いのメッセージに続き、相手のお体を気遣う言葉や「お会いできる時を楽しみにしております」などを書いて結びます。また、「失う、消える」などの忌み言葉も避けます。簡潔な内容でかまわないので、カードなどでも良いでしょう。

熨斗(のし)の書き方

熨斗の表書きは、水引の上に「御出産御祝」または「御祝」と書きます。水引の下には贈り主の名前をフルネームで。内袋には表に「金○万円」とします。漢数字は旧字体を使う慣習がありますが、新字体でも失礼にはあたりません。

連名でお祝いを贈る場合

職場関係などで連名にする場合の熨斗は「○○○一同」などと省略します。チャイルドシートやベビーカーなど高額な品物の場合や、本人からの要望があれば別ですが、通常はお祝いは個人でするものです。理由もなく、友人数名での連名のお祝いなどは好まれません。ともすれば手抜きと見えますし、いただいた物が一つでも内祝いは人数分発生するので、手間も送料も負担となってしまいます。何らかの理由で小額のお祝いを連名ですることになった場合は、内祝いは辞退する旨などを伝えてお相手に配慮を見せるのがマナーです。

まとめ

里帰り出産の場合などもありますし、今は産後一か月以内にこだわる方は少なくなってきています。ただ、あまりに遅すぎるお祝いには誰でも首をかしげますね。金額もタイミングも、常識の範囲内におさめましょう。