父の日や母の日には、こんなプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか?

父の日、母の日に喜ばれる贈り物で
笑顔のギフトも贈りましょう

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

父の日、母の日のプレゼントの贈り方

父の日、母の日のプレゼント、してもしなくてもどちらでも良いもののようにも思いますが、ちょっとした心づかいができるって素敵ですし、大人のたしなみでもありますよね。もちろん、贈るならご自身の両親だけでなく、お義父さんお義母さんにも贈りましょう。ワンランク上のおつきあいができますし、あなたの格を上げることになるでしょう(「株が上がる?」なんて考えてはいけません。あくまでも見返りを求めないのが贈り物の神髄です!)。母の日に比べ、父の日の方がないがしろにされている印象ですから、父の日をお祝いすると、お父様もビックリされるかもしれません。これまでに父の日をスルーしてきた方は、次の機会は逃さないように!ところで、父の日も母の日も、実は物より手紙などのメッセージの方が嬉しかったというデータがあります。プレゼントには必ず言葉を添えて下さいね。

父の日、母の日のプレゼントの渡し方

父の日に贈るプレゼント

プレゼントの相場は、特にありません。ご自身の年齢や懐具合に応じて臨機応変でかまいません。男性には実用的なもの、趣味に関するものを贈ることが多いですね。身につけるものでは、革小物、ネクタイ、扇子、ハンチングなどは、比較的はずす心配の少ないアイテムと言えるでしょう。万歩計などのウォーキング用品、体脂肪計などの健康グッズは、「いつまでも元気でいて下さい」という意味で人気です。お酒や食べ物などの消えものも人気。プレゼントが苦手な場合には、旅行券、花、電報などを使うのも手です。父の日の花はバラと言われています。男性に花を贈るのは照れくさい、もらった方も戸惑うのでは?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。心のこもったカードがあれば、きっと喜んでいただけます。

母の日に贈るプレゼント

こちらも相場は特にありません。外でしている仕事と違って、家事というのは、「誰もしたがらないことこそ率先してやらなければならない」という一面があります。だからお母さんというのは、家庭の中でとかく奉仕役になってしまいがち。それを忘れずに感謝の気持ちを伝えられるといいですね。スカーフやお財布などの小物系、旅行や食事券などのエンタメ系、エステや化粧品などの美容系…と、お母様の趣味に合わせて選びましょう。母の日は5月ですから、ちょうど紫外線の強くなる時期です。UVカットの帽子や日傘なども気が利いているでしょう。花はカーネーションが定番ですが、過去に何度も贈っていて食傷気味かな?と思ったら、ちょっと変わり種の品種はいかがでしょう。最近は品種改良が進み、バラのように豪華なもの、まあるく咲く愛らしいもの、「ムーンダスト」のように青いものなど、様々です。お花が好きな方なら、話も弾みそうですね。

まとめ

プレゼントには必ずカードなどのメッセージを添えて。プレゼントが苦手なら、花や電報だけもOKです。何より大切なのは感謝の言葉です。また、父の日もないがしろにしないで下さいね!