退職祝いのプレゼントを贈る際のマナーを知って、正しくお疲れさまを伝えましょう。

退職祝いのプレゼントにおすすめな名入れギフトとは?
贈るタイミングやマナーについてご紹介いたします

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

退職のお祝い

退職のお祝いに贈るプレゼントは、マナーを守って贈りましょう。定年退職は、長い人生の後半にある最大の節目。やはり本人にとっても周りにとっても感慨深いものです。現在は、定年後も働き続ける方、趣味に忙しく奔走されている方など、人生を生き生きと楽しんでいらっしゃる方が多いですから、定年退職のお祝いも、新たなの門出、第二の人生のスタートという意味合いが強くなっています。寂しさはご本人も感じているでしょうから、引退選手扱いはしてはいけません。「お疲れ様」だけでなく、「これからも頼りにしています」「また相談に乗って下さい」といった暖かいメッセージを添えると良いでしょう。

退職祝いのマナーについて

会社の方の定年退職には、通常は職場単位でまとめてお祝いの品を贈ります。個人的にお世話になった方、家族ぐるみでお付き合いいただいた方には、個人でお祝いを渡しても良いでしょう。その場合は、みなさんでまとめて贈るお祝いには参加し、それにプラスして別のものを用意します。

いつ贈る?

先輩や上司の定年退職には、退職が決まってから1~2週間の間に贈ります。多くの場合は、会社単位の方々が集まりやすいので、お祝いの宴席、送別会を設けてお渡しします。何らかの理由で宴席が設けられない、もしくは参加できない場合は、ご自宅に訪問してお渡ししましょう。

何を贈る?

職場一同からは、花、皮革アイテム、お酒などが多いようです。健康グッズも「いつまでも元気で」というメッセージ性がありますね。それなりの年齢の方に贈るわけですから、ジョークグッズなどよりも品のあるものを選ぶのが定番ですが、冗談のわかる上司や先輩であれば、似顔絵に寄せ書きなど心の温まるものもいいですね。

定年退職祝いのマナー男性、女性に喜ばれる贈り物退職祝いのプレゼントは名入れギフトがおすすめ

退職の祝い方

郵送するのはあり?

ご自身が病気であったり海外にいるなど、お祝いの席に参加できないこともありますね。そんな場合には郵送、宅配してもかまいません。ただ、贈り物は通常、直接お渡しするのが基本ですので、非礼を詫びる一言を添えるようにします。

現金は贈りません

目上の方に現金を贈ることは失礼にあたります。本来は品物が最適ですが、最近では引き出物もカタログ化され、ご自身の好きなものを選んでいただくのが親切、とう考え方も通用するようになりました。商品券や現金を贈る場合には、一緒に小さな贈り物をすると良いでしょう。

贈ってはいけないもの

目上の方に下着やスリッパなど下に身につけるものを贈るのはタブーです。高級なシルク製でもパジャマなども良くありません。ご本人が気にされないタイプでも、あとで周りの方に指摘されるかもしれません。気を悪くされないまでも、ちょっと残念な気持ちにはなりますよね。

定年退職祝いおすすめ商品ピックアップ