定年退職や賀寿のお祝いをする際のマナーを知っておきましょう。

定年退職と賀寿に贈るギフトをご紹介。
大切な方を笑顔にする贈り物をしましょう

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

定年退職のお祝い

目上の方に現金でご祝儀を贈ることは、失礼にあたるので、基本的には避けます。ただし、昨今ではあまりこだわらない方も増えており、目的別の商品券は人気です。お食事券でしたら「普段行かないようなお店で美味しいディナーを楽しんで」という意味を感じられますし、旅行券なら「ゆっくり温泉で疲れをとって下さい」といった意味を込められます。何にでも使えるデパート商品券や現金より、メッセージ性がありますね。 いずれにしても、金額よりもメッセージ性やメモリアル性のあるものが喜ばれるでしょう。

定年退職祝いの渡し方

定年退職祝いの相場

職場からのお祝いの場合、有志や部署内で集めたお金で記念品を買うのが一般的です。その場合、1万円~3万円程度の品物を選びます。個人的にする場合は、もう少し金額を抑え3千円~1万円の品物でも恥ずかしくはありません。あまり高額なものを贈ると相手の方に恐縮されてしまいますし、目上の方への労いでしたら、無理はしなくてもかまいません。

手紙の添え方

時候の挨拶、お祝いの言葉、「○○様とご家族の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたしております」など相手への気遣いを書いて結びます。お世話になった方への具体的なエピソードなどを入れると、より感謝の気持ちが伝わるでしょう。

熨斗(のし)の書きかた

品物に熨斗紙をかけて贈ります。水引の上には「御祝」「御礼」などとします。「御餞別」「御定年御祝」「御引退御祝」でもかまいませんが、別れや引退という言葉の印象を嫌って、単に「御祝」や「御礼」などとするケースが増えています。

水引と、名前の入れ方

水引は紅白の蝶結び。蝶結びは、何度もほどいて結ぶことができるので「祝い事が重なるように」という意味があり、婚礼以外のお祝い事の全般に使われます。送り主の名は水引の下にフルネームで。連名の場合は「○○一同」とします。もし複数の個人名を書く必要がある場合は、肩書きのある方を左から右の順に書き入れます(右側の方が下位とされます)。

まとめ

現金よりも品物を。連名の場合の相場は1万円~3万円。個人的なものなら3千円~1万円程度のものを。目上の方への贈り物なので、高額な品物にこだわる必要はありません。真心を大切に。