結婚のお祝いに喜ばれる贈り物やマナーやタイミングを知っておきましょう。

結婚のお祝いには、贈り物のマナーを守って
大切な方を笑顔にする贈り物をしましょう

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

結婚のお祝い

出産祝いは、品物でも現金や商品券などのご祝儀でも、どちらでもかまいませんが、現金を渡す方がもっとも多いのではないでしょうか。結婚式や披露宴、引っ越し、新居の準備、新婚旅行と、結婚にかかるお金は数百万円単位の出費となります。ですので、費用の足しにしていただく相互扶助の意味合いがあります。特に、披露宴に招かれた場合は、会費を部分負担するという考え方が定着しているので、現金を持参するのが一般的となっています。 ただ、記念となるような品物も、やはり嬉しいもの。贈られた側も、自分たちのことを考えて選んでくれたと、印象に残ります。品物を贈る場合は、ご祝儀にプラスして、という方も多いです。お相手のご両親や親族の目にも触れる可能性がありますから、カジュアルすぎない恥ずかしくないものを贈りましょう。
☆結婚式の電報にはバルーン電報がおすすめです!

結婚祝いのマナーについて

結婚祝いで最も悩まれるのが、ご祝儀の金額ではないでしょうか。事前に品物をプレゼントした場合は、披露宴などでさらに現金を包む必要はないのですが、何となく手ぶらで行けない雰囲気があって(これは勘違いなのですが)困りますよね。具体的には「結婚祝いの相場とご祝儀に関して」のページをご覧下さい。

ご祝儀の相場

披露宴に出席する場合と、そうでない場合で異なります。本来、披露宴の受付で渡すものは「パーティーの会費」ではありません。が、実際は会費としての意味も強くなっており、最低額のような相場が出てきました。詳しくは次のページへ。

お祝い品の相場

こちらも、披露宴に出席するかどうかで異なります。通常、結婚式や披露宴の招待状は二ヶ月前には届きますから、それを受け取ってから、品物は贈らない、あるいは品物とご祝儀の両方を贈る、などを考えます。詳しくは次のページへ。

結婚祝いの相場とご祝儀に関して結婚のお祝いメッセージ集

結婚祝いのタイミングに関して

本来は、式の前に贈る

結婚に関する慣しは、かなり自由な風潮の昨今。でもお祝いのマナーは正式を覚えておきましょう。渡す時期は結婚式の一ヶ月前から一週間前の間。新居を整えるという意味がありますから、事前に、自宅を訪問して贈るのが正式とされています。

披露宴に持参するのは、渡す機会がない場合

遠方で行けない等の場合は、郵送してもかまいません。これは、品物でも現金でも同じです。式や披露宴に招かれた場合に受付で渡すことが一般的となりましたが、本来は渡す機会がなかった場合の対処なのです。

先にご祝儀を贈った場合の、披露宴受付

とは言っても、披露宴の受付に手ぶらで行って記帳するのは気が引けるものですよね。その場合は「先にお祝いをお送りしました」「先にお渡ししています」などと言葉を添えれば、変に思われることはありません。

式や披露宴に行けない場合は電報を送りましょう

電報ってどんなもの?

昔は電話のある家が少なかったですし、電話代も高かったので、急ぎの用件の際には電報が活躍しました。電話で申し込みをし、それを相手先の最寄りの郵便局にモールス信号でツートントン…と伝達し、電報配達員が印字された電文を配達するという連絡システムでした。今はモールス信号は使われていませんし、もっぱら慶弔時に使われています。

なぜ電報なの?

スピードだけで考えれば、電話、メール、ファックスで構わないのですが、イベントごとの当日に本人に連絡するのは気が引けるものです。だから、リアルタイム感があり、伝統的に重きを置かれる存在であった電報が、慶弔に役立てられるようになったのです。今では電報というスタイル使って品物と一緒にメッセージを届ける、様々な商品があります。

行けない場合の代わりになります

ご招待下さる側も、誰彼かまわずお声掛けしているわけではありませんから、本来は招待状が届いたら参加したいもの。特に、ご自身の 結婚式にご参列下さった方からの招待は、儀礼上も受けるのが当然です。どうしても行けない場合は丁寧にお詫びし、必ず祝電を送ります。現在の電報は、自分が行けない場合の心づくしを伝える手段という側面があります。

結婚祝いのおすすめ商品ピックアップ