結婚祝いやご祝儀に関して知っておきたいことを纏めました。

結婚祝いに贈るご祝儀の相場について
分かりやすくご案内いたします

祝い事ギフト.com へようこそ!みんなが笑顔になるお祝い。お祝いにそったマナーや知識などを分かりやすくご紹介いたします。

出産のお祝い

結婚のお祝い

定年退職のお祝い

季節のイベント

記念日

結婚祝いの相場とご祝儀に関して

ご祝儀の相場は、関係性や年齢で異なります。通常、友人や仕事の関係者など、身内以外の場合は3万円が相場と言われていますが、ご自身が若い方ですとか、学生さんの場合は2万円でもかまいません。昔は偶数を「割れる」=「別れる」と捉えて敬遠されていましたが、現在は「ペア」と考える風潮もあり、偶数を避けるということはそれほど気にされなくなりました。 新郎新婦との関係が、兄弟姉妹の場合は5万円~10万円、叔父や叔母なら3~5万円が一般的ですが、ご自身の年齢がかなり上の場合、上司から部下に贈る際には、これより多く包む場合も少なくありません。
☆結婚式の電報にはバルーン電報がおすすめです!

結婚祝いの渡し方

渡し方

本来は相手の自宅を訪問し、大安や先勝などの吉日の午前中にお渡しします。結婚式の1~2ヶ月前に渡します。もし都合が付かず間に合わない場合は郵送してもかまいません。現金の場合は現金書留で送ります。この際、「本来はお伺いすべきですが…」等一言を添えるようにします。ご祝儀でしたら式当日に持参するのが一般的。品物の場合は、式や披露宴の当日に会場に持参することはやめましょう。荷物になってしまいご迷惑です。

披露宴に出席する場合の相場

披露宴の食事や引き出物の額を引いて、実質のご祝儀が1万円程度になるようにとの考えから、3万円を包むのが一般的です。友人で3万円、上司から部下へは5万円、兄弟姉妹なら5~10万円と言われています。ご夫婦で参加される場合は、引き出物はまとめて一つとなっていることが多いため、5万円程度が相場です。

披露宴に出席しない場合の相場

身内以外の関係でしたら、およそ1万円が相場。ただし、ご自身の結婚式に出席いただいて3万円のご祝儀をいただいている場合、「同額返し」で3万円を包むという方も少なくありません。

お祝い品に避けるもの

アメリカ等では結婚祝いにクリスタルを贈るのが定番ですが、日本では別れを連想させる「壊れる」「切れる」「割れる」ものを避ける習慣があります。包丁、ガラス製品などはやめましょう。また、お手紙を添える際には、同じようにこうした忌み言葉を避けてしたためます。

熨斗(のし)の書き方

表書きは水引の上に「寿」「御祝」等とし、水引の下にフルネームを記入します。水引は、「一度結んだらほどけない」意味で「結びきり」を使います。色はおめでたい金銀や、紅白を使います。

連名でお祝いを贈る場合

職場関係などで連名にする場合の熨斗は「○○○一同」などと省略します。小額のお祝いをまとめて渡す場合は連名にしますが、親しい関係であればお祝いは個人でするものです。理由もなく、友人数名での連名のお祝いなどは好まれません。特に、式や披露宴に参加する場合は個別のご祝儀を持参しましょう。

まとめ

ご祝儀の相場は、披露宴ありで3万円、披露宴なしで1万円。品物は式の前に贈ります。品物とご祝儀を組み合わせる場合は、合計が相場となるようにしても良いですが、披露宴ありの場合は相場のご祝儀+品物が無難です。

結婚式の電報にはバルーン電報がおすすめです!